*

【ポケモンGO】スマホが熱くなりにくくなるコツ

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 どんまいオリーン, 趣味

こんにちは。ナカムラです。

『ポケモンGO』
title

外出時、特に今の暑い時期はスマホがアッという間に熱々になってしまいます!
そんな時の対処法をお教えいたします!

コレは効果てきめんです!!
というか私はいつもやってます。

 

外出時スマホが熱くなりにくくなるポイント

バッテリーセーバーはONでもOFFでもどっちでもOK。
バグが修正されたという情報もないので私はOFFにしています。
※逆さにした状態から復帰した時にボタンが効かなくなるってバグです。

 

◎スマホを片手に腕を振って歩くだけです。
スマホに風が当たる角度で持って腕を振ります。コレだけです。
大きく振る必要はありません。
チョット意識して手を振るだけです。

特に画面を見ながら歩く必要も無いですし、つか歩きスマホはダメよ!!

パソコンなんかはCPUを冷やすためのファンが付いていますがスマホにはついてませんよね。
それを擬似的に行うというものです。
フツーにダラっと持ってるだけとは全然違いますよ。

 

自宅なら扇風機の風を当てれば熱くなりにくいですよ。
エアコンの風も遠くからフワッと当たる感じで良いと思います。近すぎると結露になります。
その際、床や机に置きっぱなしで冷やすのではなく、何かに立てかけて表裏に風が通るようにしておけば熱くなりにくいです。

手に持ったまま風を当てると分かりますが、跳ね返ってくる風がかなり熱くなるのがわかります。
こんなに熱くなってるのね…なんて感じます。

 

最終手段で何もない場合は息でも冷ませます
最も熱くなった箇所に息をフーッと数回吹きかけると効果があります。

熱くなったパーツは60℃にもなるそうです。
息はぬるいと言っても30℃前後なので充分効果はあります。

 

本体を冷ますだけで電池の持ちも良くなります。
本体が熱くなるとカメラが使えなかったり色々と不都合もありますからね。

スマホはポケモンGOだけのものではありませんし、そういう不都合きっかけでポケモンGOがイヤになっても面白くありません。

しっかり対策して楽しく遊びましょう!!

 

 

そして今回出会ったポケモンは
カモネギ

アジア限定ポケモン『カモネギ』チョット嬉しい!
2体影がありましたが1体しか捕まえられませんでした。
しかし、1体でも全然OK!!

実はなかなか捕まらなくて、コレは逃げられるかな…と諦めムードでしたが何とか捕まってくれました。

アジア限定ってなんかオトク感がありますよね!

関連記事

no image

【MHXX】やっと村シナリオクリア!

こんにちは、テラーダです。 MHXX 私もやっと村エンディングを迎えること

記事を読む

no image

【MHX】『たちのひとたちX』HR解放!

こんにちは。ナカムラです。   『MHXモンハンクロ

記事を読む

download_ico02

【MH4G】胴系統倍加一覧表

こんにちは。ナカムラです。   モンハンやってて装備を整えよ

記事を読む

Amazon-logo-700x433_20150714034320ced

本日amazonが面白い事をやってます

こんにちは、テラーダです。 Amazonが20周年記念として

記事を読む

和室1

【MHX】太刀厨に愛を!

こんにちは。ナカムラです。 『MHX長崎リアル集会所 第19期討伐隊』の開催場

記事を読む

paper

【MH4G】弓でGO!! ウカム潜行怖い

こんにちは、テラーダです。 MH4G 仕事の合間にちょいちょい進めておりま

記事を読む

Screenshot_2017-04-01-23-33-48

【Fate/GO】イベント完了!

こんにちは、テラーダです。 Fate/GO ぐだぐだ本能寺ライト版終了。

記事を読む

MHX

来週はMHX長崎リアル集会所 第19期討伐隊ですよ!そして…

こんにちは。ナカムラです。 来週の日曜日、7月24日は

記事を読む

no image

島原よかよ!

こんにちは、テラーダです。 本日は所要が重なり長崎→諫早→島原と駆け抜けてきました。 グリー

記事を読む

星ドラ年始

【星ドラ】今年初めの運試しじゃ〜!

こんにちは。ナカムラです。 今年もがんばります! 星のドラゴンクエスト

記事を読む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑