*

3DSLL修理完了!

公開日: : 最終更新日:2016/09/17 どんまいオリーン, 趣味

こんにちは。ナカムラです。

先日より3SD故障騒動を巻き起こしておりました。
が、無事パーツが届き修理作業にとりかかる事にしました。

せっかくチョットバラすのでログも兼ねてご紹介したいと思います。
静電気覚悟で画像も撮影しましたよ!

 

3DSLL・Lボタン交換

※自分で修理をされる方は、自己責任で作業をお願いします。

 

まずはカバーを外しましょう

3ds%e5%a4%96%e5%81%b4

作業前に電源はキチンと切っておきましょう。
そしてゲームソフト、メモリーカード、タッチペンも予め外しておきましょう。

上画像のビス2個を外します。
カバーから完全にネジが外れないようになってますので、抵抗が無くなったらビスは本体から外れているハズです。

下側は引っ掛けてあるのでビス側からはぎ取るようにカバーを外します。

 

更に機械が見えるまで外す

3ds%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e5%a4%96%e3%81%97

上画像7箇所のビスを外す。
電池も外してて下さいね。
滑り止めのゴムを外さないといけない箇所があります。両面テープで止まってるだけなのでマイナスドライバーなどで剥ぎとってください。

ビスが全部取れていると特に力もいらずカパッと外れます。

 

いよいよLボタン交換

3ds%e4%b8%ad

内部です。
今回はLボタンのスイッチ部分交換のみなので、
まずは4個ののうちの下の接合部を外します。
丁寧に引っ張ればスポッと外れます。

その後、上3個ののビスを外せばスイッチ部分があらわになってスイッチ部分の交換ができます。

小さいバネやシャフトがあるので無くさないように要注意です!!

ここまで来れば特に説明はいらないと思います。
意外と簡単です。
後は逆の手順で戻していきます。

おかげさまで私の3DSは元気に復活いたしました。
快適モンハンライフに復帰です!!

 

百聞は一見に如かず。

交換でなくともクリーニングでも良いと思います。
一度挑戦されてみてはいかがでしょうか??

 

はじめにも申し上げました通り、自己責任でお願いします。
絶対に失敗したくない人は素直に任天堂へ修理に出すことをオススメします。

 


 

3DS LL専用 Lボタン修理用フレキシブルケーブル 3DS LL専用 Lボタン修理用フレキシブルケーブル

 

SKY Electric industry
売り上げランキング : 25013

Amazonで詳しく見る

関連記事

無題

【MHXX】そろそろゴールが見えてきた

こんにちは、テラーダです。 MHXX 高い所が苦手な私は、新拠点の船上移動

記事を読む

TW横

【バイク】スカチューンTW雨対策その後…

→ バイクブログは引っ越しました。ぜひコチラもよろしくです ←

記事を読む

デジモン

2015年 PSVitaがアツい!?

こんにちは。ナカムラです。   先日、テラーダからも

記事を読む

Dragon's Dogma Online3

【DDON】ドラゴンズドグマオンラインはじめました

こんにちは。ナカムラです。 2015年からサービスをスタートしてすでに3年くら

記事を読む

regendoofroto

【星ドラ】無課金で強くなる10のポイント!

こんにちは。ナカムラです。 星のドラゴンクエスト1周年記念イベント 『RE

記事を読む

XXライフ3

MHXXライフ 激闘!金雷公!!

こんにちは。ナカムラです。 モンハンXX(チョメチョメ)ライフ

記事を読む

チョコアイキャッチ

【ビッ狩りマン】捕獲報告こんなん出ましたケド〜

こんにちは、Φsitaroことナカムラです。  

記事を読む

Screenshot_2016-04-01-16-31-12

【Fate/GO】監獄塔に復讐鬼は哭く チャレンジクエスト挑戦

こんにちは、テラーダです。 Fate/GO 復刻:監獄塔に復讐鬼は哭く

記事を読む

no image

【うまか】五島うどん食べたことありますか

こんにちは、テラーダです。 長崎のうどんは麺が細いです。 島原のうどんも麺

記事を読む

遊

ゆっくり時間をかけて観光なんかしてみたい

こんにちは、テラーダです。 私は車やバイクの運転が好きです。 でも運転は下

記事を読む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑