*

サガ2秘宝伝説 最終防衛システムビビるぜ!

公開日: : 最終更新日:2018/02/06 どんまいオリーン, 趣味

こんにちは。ナカムラです。

サガ2秘宝伝説GODESS OF DESTINY
サガ2

なんとかラスボス手前まできました。
と言うか、ラスボスの最終防衛システムに負けました…。

GB時代しか知らなかったので今回のDS版は驚きでした。
とんでもないことになってました。

 

アポロン撃破した後そのまま最終防衛システムまで直行したのがまずかったみたいです。

ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが、最終的に人間、エスパー共にすばやさは90以上ないと回復が後手後手になってしまいます。
連携も封じられるので素のすばやさを上げる必要があります。

先日の報告からそこまで強くせずに突っ込んでしまいました。

実はアポロンにも全滅寸前まで追い詰められました。
フレアを多用してくるので父親には癒やしの杖を使わせ続けるべきだったと反省しています。
辛勝とは言え撃破できたのでまぁ良しとしましょう。

 

問題は最終防衛システムです。
エスパーガールに癒やしの杖を使わせ続けるか?
ヒール持ちのモンスターに進化させて戦うか?
どちらにしろ敵より早く動ける事が前提になると思います。

せっかくなので人間とエスパーをもう少し育て直して再戦を挑もうと思います。

オーディン撃破後は生き返れなくなりますからね…。
これが意外と緊張します。

 

せめて回復役はすばやさ上げないと…。
…ん?加速装置って手もありますね!

でも加速装置使う1ターン後手になりますからね。
やっぱりすばやさを上げることにします。

装置使って99より上がるのであれば最終的に考えてみても良いかもしれません。

 

う〜ん、、、モンスターは何が良いのかな〜?
今はスサノオ変異種です。
物理、魔法、ヒールなんでもござれの万能モンスターです。
これで良いのかな?

鉄壁の魔法タイタニアか?

見た目のカワイイスーパースライムか?
ただしどれも変異種でないとヒールがありません。

モンスターの食い合わせ探し。これもサガの楽しみのひとつですよね!!

スサノオに狼男か昆虫人間の肉でスーパースライムになりそうです。
スサノオ&スーパースライム

見た目は圧倒的にスーパースライムが好きなんですけどね…。
スサノオはヘタすると変態仮面みたいな感じに…。

オートセーブではないので色々試してみても良いかもしれませんね。

 


 

関連記事

遊

オリーンアカウントちゃんと使います…。

こんにちは。ナカムラです。   いままであまり使って

記事を読む

XXライフ

MHXXライフ『落ち着け!アルバ!!』

こんにちは。ナカムラです。 『モンハンXX(チョメチョメ)ライフ』

記事を読む

no image

【Fate/GO】QPの消滅を確認!

こんにちは、テラーダです。 Fate/GO 満を持してマーリーンをALLス

記事を読む

no image

今度は2台めのスマホが!!

こんにちは、テラーダです。 今度はスマホ(ZenFone2Laser)が壊れました。ギャー

記事を読む

ポケ森

【ポケ森】効率的ってコトバは似合わない!

こんにちは。ナカムラです。 『どうぶつの森ポケットキャンプ』

記事を読む

no image

【Fate/GO】Xのオルタなの?

こんにちは、テラーダです。 Fate/GO 終わってしまった宝物庫AP50

記事を読む

GRASS×HUNTERナカムラの草刈り日記【1】準備篇(基本)

こんにちは。草も刈っています。 GrassHunterのナカムラです。 &

記事を読む

忍者頭巾

【星ドラ】メビウスFFふくびき40連…

こんにちは。ナカムラです。 星のドラゴンクエスト メビウスファイナルファン

記事を読む

no image

冬の夜空の数多の星の

こんにちは、テラーダです。 えらい寒いです。 地球は温暖化しているのになぜ

記事を読む

無題

さぁレースの時間だ(ミニ四駆のね)

こんにちは、テラーダです。 そう、明日はボートレース大村でのミニ四駆大会です!

記事を読む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑