*

【MH4G】ただいま盾斧修行中

公開日: : 最終更新日:2015/01/29 どんまいオリーン, モンハン

こんにちは。Φsitaroことナカムラです。

 

先日からハマって使っているチャージアックスが楽しい!
チクチク突付いてチャンスにかます。
まさに『蝶のように舞い蜂のように刺す!』

型にはまると凄い爆発力があります。

ただ、大技の後に大隙があるのはご愛嬌。
そこはハイリスクハイリターンって事で…。

 

剣モードも威力が弱いと言われておりますが、モーション値で比べても太刀と遜色ない…は言いすぎかな?
性質上
【太刀】 中の上威力の攻撃 チャンスに
【盾斧】 威力の攻撃 チャンスに特大

割と特大のダメージを与えるチャンスがあります。

スキルも太刀とほとんど同じで何とかなります。

ガードポイントが使いこなせない私には回避性能が必要です。
つーことで、ほとんど太刀の時作った装備(スキル)で対応できています。

回避性能(距離)

耳栓(高級

このあたりがあればOKです。
太刀と比べて斬れ味が落ちるのが早い?
武器が全体的にゲージが短い?
剣モード時の手数が多い?

ので砥石使用高速化があれば尚良しかもしれませんね。

私のベーシックコンボ

【突進斬り】納刀時(パッド入力+X)or剣モード(X+A) → 【盾突き】X+A → 【溜め2段斬り】A長押し → 【回転斬り】X
これで黄色までは少なくとも溜まります。
すかさず【チャージ】R+A
隙あらば【叩きつけ斧モードチェンジ】R+A → 【高出力属性開放斬り】X+A 溜めポーズ中に 【属性強化回転斬り】R

ここまでで属性強化は完了します。

後は上記コンボでビンを溜めた最後に強化回転斬りをしなければ【超高出力属性開放斬り】の完成です。

突進斬りは使いやすいです。
【突進斬り】 → 【溜め2段斬り】でもOKです。
且つ【盾突き】も、どのコンボ中にもたたき込めます。

【突進斬り】 → 【溜め2段斬り】 → 【盾突き】
も可能ですが、回転斬りに繋がらなくなります。【牽制斬り】になります。
繋がるなら繋げてもいいと思いますが、ここまで行くと敵を通り抜けていると思います。

〜 理想 〜
【突進斬り】で間合いを詰める、間髪を入れず【盾突き】、敵がもたついていたら【溜め2段斬り】、ガードポイントもあって使いやすい【回転斬り】でダメ押し。
おそらく【回転斬り】は通りぬけながら振り抜ききった切っ先が敵に当たると思います。

初心者にも使いやすいコンボだと思います。
試しに使ってみてください。

 

いや〜それにしても高出力属性開放斬り小さいモンスターに当たらない(T_T)
まだまだ修行中です。

関連記事

Screenshot_20170729-012143

【Fate/GO】ヒートオデッセイ高難度クリア

こんにちは、テラーダです。 Fate/GO ヒートオデッセイも終了しました

記事を読む

太刀のひとたち

【MH4】『太刀のひとたち』装備へのこだわり

こんにちは、Φsitaroことナカムラです。  

記事を読む

1019年攻略

【ロマサガ2】4000年サーガ計画〜序章〜

こんにちは。ナカムラです。 先日、1019年攻略いたしました ロマンシング

記事を読む

太G

【MH4G】『太刀のひとたち』アヌビス降臨!

こんにちは。Φsitaroことナカムラです。  

記事を読む

20151228_213227

【Fate/GO】呼符はいい仕事をする

こんにちは、テラーダです。 Fate/GO コラボイベント現在503号室。

記事を読む

no image

【うまか】おいしい豚料理とラーメン

こんにちは、テラーダです。 先日より恩師が難病で体調を崩されていたのですが、め

記事を読む

photo

九州痛車キャラバンに参加してきます!

こんにちは、テラーダです。 いよいよ明日は『九州痛車キャラバンVol.6佐世保

記事を読む

討鬼伝2

【討鬼伝2】何だかんだでストーリークリア

こんにちは。ナカムラです。 順調に進行中!『討鬼伝2』

記事を読む

ゾーマ

【星ドラ】みんなで大決戦50万ポイント突破!

こんにちは。ナカムラです。 星のドラゴンクエスト イベント開催中! 『

記事を読む

DSC_0443-3

【MH4G】剣聖のピアスを目指して 〜前半戦を終えて〜

こんにちは。Φsitaroことナカムラです。  

記事を読む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑