*

【MH4】 弓でGO!弓を始めよう!

公開日: : 最終更新日:2014/02/05 どんまいオリーン, モンハン

弓のご紹介です。
ちなみに私は見た目がかっこ良かったので弓を使い始めました。

モンスターの攻撃をかわして弱点に矢を当てるのはすごく気持ちが良いです。
派手さはないけどとても魅力的な武器だと思います。

8f2e390c

特徴

・ダメージは【弾】属性になります。
・単発の攻撃力は低いため、手数でダメージを蓄積させます。
・ガンナーに分類されるため、剣士の半分くらいの防御力になります。
・モンスターとの立ち位置は近距離~中距離です。
  →弓の種類によって変わります。拡散弓の場合はかなり接近します。
・矢切りによる【斬】属性攻撃も可能です。
  →しかし単独でしっぽを切断するのは難しいです。
・矢切りによるジャンプ攻撃も可能です。
・弓には攻撃の適正距離があります。(クリティカル距離)

スタイル

・敵の攻撃をかわしクリティカル距離で弱点を攻撃するのが基本となります。
・攻撃は最大4段階まで溜めることができます。
・連射、拡散、貫通の3タイプがあります。
・通常射撃とは別に、曲射と剛射という2つの射撃があります。
・弓にビンをセットすることで攻撃に特殊効果を追加できます。

準備

モンスターの特性に合わせて弓を装備しましょう。
 連射→小型モンスターや狙いやすい位置に弱点のあるモンスター
 拡散→属性攻撃が有効なモンスターや弱点に接近できるモンスター
 貫通→大型モンスターや、弱点が内部に存在するモンスター

強撃ビンや〇〇矢UPスキルが強力なため属性よりも攻撃力を重視した方がおすすめです。

モンスターを知る

弱点部位、弱点属性、状態異常、部位破壊、怒り状態それぞれで気をつける事やチャンスパターンを覚えておきましょう。
そしてモンスターの行動パターンを覚えましょう。
チャンスパターン、回避後に反撃できるパターン、回避に専念するパターンを把握し攻撃チャンスを逃さないようにしましょう。

最後に

最大の難関は3DSのボタン配置とフィールドの高低差です。

3DSのボタンは拡張スライドパッドで解決できます。弓を使うならかなりおすすめです。
フィールドについては、私の場合高低差のあるエリアでは戦う位置を決めています。
火山のエリア8だったら2番側へ登れる壁の手前とか。

弓は慣れると強い武器です。
村クエストは団長の挑戦状まですべてクリア可能ですし、集会所もほとんどのクエストは今のところクリアできています。

モンスターの攻撃パターンを把握しやすいので、他の武器を使うときにも動きが良くなるのではないでしょうか?
よかたら一度使ってみてくださいね。

関連記事

皇帝

モバゲー版【エンペラーズサガ】〜無課金道〜はじめて1年が過ぎました

こんにちは。ナカムラです。   久々に更新いたします

記事を読む

6432

【Fate/GO】上げておくべきはマスターレベル

こんにちは、テラーダです。 Fate/GO マスターがLv56になりました

記事を読む

GER

【GER】やっぱり楽しいな

こんにちは。ナカムラです。   体験版はどこまで進め

記事を読む

太刀のひとたち

【MH4】『太刀のひとたち』好相性スキルトップ3!

こんにちは。Φsitaroことナカムラです。  

記事を読む

攻撃見た目

【MHX】剣士与ダメージの効率について考える

こんにちは。ナカムラです。   『MHXモンハンクロ

記事を読む

no image

【MH4G】弓でGO!G級序盤をしのごう!

こんにちは、テラーダです。 本日はいよいよMH4G初の長崎リアル集会所。

記事を読む

太刀のひとたち

【MH4】『太刀のひとたち』“団長からの挑戦状”攻略

こんにちはΦsitaroことナカムラです。  

記事を読む

星の武道会クリア

【星ドラ】みんなで大決戦終了…そして

こんにちは。ナカムラです。 星のドラゴンクエスト みんなで大決戦終了いたし

記事を読む

菜の花1

‘山茶花高原杯ミニ四駆大会’打ち合わせ

こんにちは。ナカムラです。   本日は晴天なり

記事を読む

uploaded

【Fate/GO】どうにか石を稼ぎたい

こんにちは、テラーダです。 Fate/GO ワリとけっこうな期間やることが

記事を読む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑