*

【ミニ四駆】初心者メカニック ミニ四駆を始めよう

公開日: : 最終更新日:2014/03/24 どんまいオリーン, ミニ四駆

 

こんにちは、テラーダです。

ミニ四駆。
最初はパーツの組み合わせで結果を出すものだと思っておりました。
しかしミニ四駆ファンの方々からアドバイスを頂き、それだけではないということを学びました。

ミニ四駆はメカニックであると。
世界一小さなモータースポーツであると。

o0600033712388343705

ブログリニューアルを機に教えていただいたことをまとめていこうと思います。
速くなるには理由がある。
私のマシンは遅いですが。

今回は第1回という事で、カスタムの理由を位置づけてみようと思います。
※間違っていたらご指摘お願いします。

なお、タミヤの公式ルールでは全てタミヤ製品を使用する必要があります。

スピードアップ

パーツを選択し、潜在的なスピードの向上を図るための工夫です。
パーツはシャーシによって取り付けできるものが違うので気をつけましょう。
モーターを変更する(トルク、回転数)
ギアを変更する(ギア比)
タイヤを変更する(径、サイズ、グリップ)
・電池を変更する(パワー、スタミナ)

精度を高める

抵抗を減らし、選択したパーツのエネルギーロスを少なくします。
本来のスピードを発揮させるための工夫です。
・モーター(ならし)
・グリス(摩擦抵抗)
・ターミナル(電気抵抗)
・ローラー系(摩擦抵抗)
・軽量化
・シャーシ剛性
・メンテナンス

コースアウト対策

パーツの選択を行い、その制度を高めることで、コースアウトするようになってきます。
逆に言うと、通常のプラローラーでコースアウトしないマシンはスピードと精度が出せていないという事になります。
・ローラー設計
・井桁

 

まとめ

大きく分けるとこの3つに分類されるように感じます。
まずは、【スピードアップ】【精度を高める】の2つに着手しましょう。
そしてコースアウトするようになったら【コースアウト対策】を行います。

これを繰り返すことで少しずつマシンを育てていきます。
大切なのはバランスで、どこかが足を引っ張っていると速いマシンにはならないようです。

コースのサイズやシチュエーションでも色々と手を加えることもあるようです。
アナログで奥の深い世界です。

 

次回からはそれぞれの項目について触れていこうと思います。
また、ご指摘や状況に応じてこの記事にも修正を加えていこうと思います。

ちなみに私のマシンは、VSシャーシの『ヴァンキッシュ』と『ファイアードラゴン』です。
どちらも子供の頃に持っていたマシンのリニューアル品です。

ありがとうTAMIYA!
いま見てもとてもカッコイイマシンです!

関連記事

ロマサガロゴ

【ロマサガ2】池袋打倒そして最終皇帝出陣!!

こんにちは。ナカムラです。 ロマンシングサ・ガ2 遂にと

記事を読む

no image

夏と風邪とアイス

こんにちは、テラーダです。 夏風邪が治らない。 もう色々と症状がえげつない

記事を読む

dq30th

【星ドラ】試練は続く…

こんにちは。ナカムラです。 星のドラゴンクエスト 新イベ

記事を読む

盾斧装備1

【MH4G】盾斧に憧れて…

こんにちは。Φsitaroことナカムラです。  

記事を読む

遊

本日開催『ミニ四駆大会inボートレース大村』

こんにちは。ナカムラです。   本日8月23日(日)

記事を読む

MHXX

緊急告知!長崎リアル集会所 第27期討伐隊開催します!

こんにちは。ナカムラです。 MHXX 緊急告知! 平

記事を読む

DSC_0443-3

【MH4G】剣聖のピアスを目指して 〜前半戦を終えて〜

こんにちは。Φsitaroことナカムラです。  

記事を読む

o0600033712388343705

第5回TSGへ参加!

こんにちは、テラーダです。 今日は選手として久しぶりのミニ四駆大会参加です!

記事を読む

【MHX】あと何本つくればゴールなんだろう

こんにちは、テラーダです。 MHX シリーズ通じて私の目

記事を読む

no image

【MHXX】X連打じゃだめなのね

こんにちは、テラーダです。 MHXX 村クエ☆10までクリア! クリア

記事を読む

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑